blog-top画像2013.jpg

魔法で衣装をつくる!?

DSCN2082.jpg

Wichcraft-work,,,

 

暦では秋となりましたが、空が高くてまだまだ夏が名残おしいですね。

徳島は海と山が共存する町。海水浴やBBQをして楽しむ光景がまだまだ数多く見られます。

夏休み、発表会にむけて暑い中お稽古頑張る子供達をみていると、私も彼・彼女ら以上に努力しないといけないなと、その姿に勉強させられます。

 

バレエや衣装制作側もそうですが、美しいものを誰かに魅せる表現者は、決してその努力の跡を表に見せないところに美学があると思ってます。

トウシューズの中はマメが避けて血が滲んでいる様子など、誰も想像していません。

笑顔で踊るその姿に、観客は夢心地になり心が洗われて帰って行きます。

 

私は時々”努力する”っていうけど、何をすればいいんだろな〜。とか、

なかなか結果が出ないことに地団駄を踏みそうになることももちろんあります。

 

でも、最近思うことは、ちゃんと自分のことをみてくれてる人がいるということ。

ひとつ不思議な言葉をよくいただきます。
アトリエを徳島に構えて2週間半が経ちましたが、ご来店くださるお客様が帰りに言ってくださるひとこと。

「お友達に宣伝しておきますね!」「がんばってください!」「ありがとうございました!」

と心励まされる台詞を残して帰ってくださるのです。


LodaLomaの商品をご購入くださり、逆にお礼の言葉までくださるなんてほんとに感激させられてばかりです。

 

私はこのアトリエを開設するにあたって、明確なコンセプトがありました。

それは『魔法使いが魔法で衣装を作っていそうなアトリエ』。

繊細で煌びやか。

そしてどこか儚げな、風が吹けばキラキラとした粒子が舞うような、そんな衣装を。

そう思っています。

女の子の夢が沢山つまっているような、誰かを幸せな気持ちにさせることが出来るよう、

みなさまからいただくお言葉をお守りに素敵な衣装を作って行きたいと思っております。

 

 


 

ページの先頭へ