blog-top画像2013.jpg

2011年1月アーカイブ

目に見えないものを視覚化する,,,

indivisual.jpg

To visualize the invisible things

 

 

 

"目に見えないもの"を視覚化する,,,

 

私はアートとはそういうことだと考えていました。

 

"心” ”思考” "想像” 

など、目に見えない人間のエモーショナルな部分、

また ”空虚” な ”何もない存在”という存在をあらわにする。

...など。

 

そういうものを視覚化する、そのために芸術が存在する,,,

コンセプチュアルアートやインスタレーションアートはまさにそこに特化していて、見る人の感情を引き出しています。

バレエでいうと、コンテンポラリーのジャンルは肉体という表現ツールで、その感情を描いていますね。

 

相手に”感情”というものを意識させ、投げかけている。

 

 

私は人の心は見えないと思っていました。

でも、ここ最近、精神的な成長とともに、人の心も見えるようになって来た気がしています。

 

「人の心が見える」というのは、別にスピリチュアルな能力を持っているとかではなく、その人が持っている心の優しさはやはりそれが表情に出ていると感じるし、どこか心に闇を持ちベールをかけている人は、やはり表情にベールがかかっている。。

 

 

『その人が持つ空気感』というのは、実はその内に秘めた性格や思考を、空気に振動させて放ち、

『人間の身体』そのものは、その見えないものを表情や行動でリアルに表現している。

 

 

結局は、ここで話していることは、とても当たり前のことで、年齢や経験を積み重ねることで学んでいくことです。

言葉に変換して考えることによってまた新たに私は模索をしている最中です。

 

人間そのものの面白さに最近、異様に興味を持ち始めたという不思議な感覚に陥っています。

幽体離脱しているかのように、どこかから客観視している自分の存在も感じます。

自分自身をクリエイトしている時期なのかもしれませんね。

ティアラの作り方

Cat: | Tag:,,

tiara.jpg

Tiara

 

 

ティアラ,,,

 

女の子にとって永遠の憧れ,,,ではないでしょうか??

 

 

一度はつけてみたいと思ってしまいますね。

 

私の友達は、遊びに来てティアラを発見すると、頭にのせて鏡を見て、テレ笑いしながらも乙女の感情を楽しんでいます。

 

バレエの発表会に出る時、ティアラを付けれる配役になった時は、とてもテンションあがりました。衣装合わせとかワクワクしていました。

 

私は、ティアラを制作するとき、一番気をつけてバランスをみるのは、ティアラのサイドです。

バレエは顔を真正面にして踊ることは、殆どないと思います。

 

私はエポールマンの状態をより美しく魅せるのにティアラは効果的だと思っていて、頭の形を良く魅せるだけでなく、チャーミングさや、凛とした美しさを出すツールになっていると考えています。

 

 

斜め角度のデザインに気を配るのが美しいティアラのポイント。

LodaLomaのTiaraラインはこれらのことを軸にふまえ制作しています。

 

今回、紹介しているこちらのティアラはオディールに最適です。正面からみたら、スタンダードな王冠のデザインですが、サイドから見るとモヒカンのような、個性的なデザインです。

横顔の美しさを強調していて、力強い表現をサポートします。

メドーラやエスメラルダにもオススメです。

 

 

 

 

 

レオタードが似合うための美肌づくり

Cat: | Tag:,,

美肌.jpg

Beautiful Skin a Leotard suits

 

 

乾燥の季節ですね。

 

子供の頃は、「バレエの発表会のために日焼けしないように」ということは注意していましたが、乾燥など気にもしなかったし、そもそも『美肌』に関心なんてもっておらず、擦り傷を作ったら絆創膏を貼って、無邪気に踊っていましたが、大人になったら、むしろ意識しないと『美肌』をつくる、そしてキープは出来ないものだとヒシヒシと感じています。

 

バレエをされてる方は、日焼けにも気をつけているし、良い汗をかいて自然にデトックスされてるので、綺麗な肌をした方がほんとに多く、お手入れ入らずな気もしますが、やはりよりキレイにレオタードを着こなしたいのが乙女心というもの。

 

お肌のお手入れ方法が気になる方もいらっしゃるかと思います。

 

特にこの季節の天敵、「乾燥」に立ち向かい、肌に潤いを与えるか、密かな課題ではないでしょうか?

 

私は、化学化合物を身体に取り込みたくたいので、もっぱらバスタイムグッズはオーガニック使用です。

 

 

オーガニック製品はその成分の良さもさることながら、パッケージデザインが可愛いのでテンション上がります。

お肌ケアのために私も色々試していますが、下鳥養蜂園のボディスクラブはかなりオススメです。

 

いわゆる海外オーガニック製品みたいなパッケージの可愛さはありませんが、この威力はスゴイ!

数年前から愛用しています!水を弾く肌が蘇るし、ツルツルとモチモチ感が2~3日は持続します。

 

ハチミツと塩を混ぜて自作しても効果はあると思います。ただし、塩で逆に赤くかぶれる方もいるので要注意!

ボディソープにハチミツを少し混ぜて使うのも泡がきめ細かくなり、洗い上がりの潤いが増して良いですよ。

 

以上、おすすめケア方法でした。

Red☆ホルターネック・レオタード

3c.jpg

Like her ,,, vol.7

 

natary_potman.jpg

ナタリー・ポートマン

 

映画『ブラック・スワン』の日本での公開が待ち遠しいですね。

ナタリー・ポートマンのバレリーナ役が早く見たいです。

 

 

彼女を知ったのは、映画『Leon』。

短い前髪におかっぱ頭、力強い眼差し、ファッション、すべてがキュートで、注目せずにはいられない存在でした。

その上、実社会でも知的で聡明というところが、群を抜いた彼女の意志の強さを感じます。

 

『STAR WARS episode 1』での、アミダラ役も好きです。

映画の衣装のデザインをするのが、私の最大の夢でもあるのですけど、そう思わせたのが、『STAR WARS』。

SF世界は発想が自由で想像力かきたてられてすごく楽しい!

まさにクリエイティブ!!

そんな独特な世界でも、違和感なくメイクと衣装を着こなしてしまう彼女の役者魂。

 

 

今回の『ブラック・スワン』ではバレリーナを演じるためにかなりの減量をしたとか!?どんな衣装で、どんな演技を見せているのか期待してしまいますね。

 

赤というレオタードは下手したら品のなさや、安っぽさが出たりしてしまいますが、LodaLomaのレオタードは、そこには最大の配慮を行ってデザインしています。

例えるなら、エネルギッシュを全面にアピールするのではなく、秘めたるエネルギッシュさを備えている,,,,みたいな。

ホルターならではの上品さ、バランスの良い切り替えと、バックのパワーネットがオシャレです。

 

レッドのホルターネック・レオタード、気分上がります!

バレエ ストレッチ

草刈.jpg

Ballet Stretch 

 

 

 

寒いですね。冬ですものね。笑。

 

寒いと筋肉が硬くなってるので、筋を痛めたりしないように、皆様お気を付けください。

 

身体をしっかり暖め、念入りにストレッチを。

 

レッスン前に流行のショウガ湯なんかを飲むと良いかもしれませんね。

 

 

私はバレエは今はやっていませんが、数年前からストレッチだけはするように心がけていました。

 

毎晩、お風呂上がりや就寝前にストレッチを数分だけするという簡単なものです。

 

しかし、ここ1年くらいはそれすらサボるようになっていたので、やはりそれが体のラインと体重に如実に出ていました。ストレッチって大事なんだなと実感したので、「毎日ストレッチをする」のが今年の小さな目標です。

 

 

気が向いたときは、体幹を鍛えるエクササイズも取り入れたいと思ってます。

 

 

『草刈メソッド』。LodaLomaレオタードのモデルをお願いしてる福士綾弓さんと岡本麻由さんがこのDVDに出演されてるということもあり、購入しました。

 

身体の軸を意識でき、バレエの気分も味わえて楽しい内容です。

 

「これからバレエを始めようかな〜。」「バレエをしてみたいけど、気がひけるな〜。」「無理なくキレイ身体を鍛えたいな〜。」と思われてる方は、このメソッドを活用してみてはいかがでしょうか。

 

バレエコンクール

コンクール.jpg

Ballet Competition

 

 

 

ゴルフを習い始めて3ヶ月。

先週末、ラウンドデビューしてきました。

 

芝生の上で打つことは想像以上にすごく爽快で楽しくて、すっかりゴルフの虜です。次のレッスンがもっと楽しみになりました。

 

ゴルフスクールの方達と先生で行ったのですが、バスに乗り込む時感じた感覚。

 

「皆、上手そうに見える!」

 

美大受験の実技試験に向かう時、バレエコンクールに出場した時、味わった懐かしい感覚。

 

そんな気持ちを思い出しました。

 

 

バレエコンクールや講習会、オーディションなどに参加されたことがある方は、周りを見て、そう感じたことがあるかと思います。

それがまた刺激となり、ドキドキ感を楽しみ、競争心や「自分らしさ」とは?と自問自答するようになり、成長していくんですよね。

 

 

踊りを磨くというのが一番の目的でありますが、こういう普段とは違う場で踊るのは、精神的にも鍛えられます。

 

そんな鍛錬する場にもなるところで、自分の気分を上げ、そして注目されるため、LodaLomaレオタードを選んで頂けたらと思います。

 

コンクールも始まりました。アンシェヌマン審査があるコンクールもあります。

LodaLomaのVivid Color Leotardsシリーズはレオタードの規定も考慮していますし、レオタードに規定がない審査では、他のデザインのレオタードもオススメです。

 

バレエレオタード用PV

Cat: | Tag:,

 

 LodaLoma Ballet Leotard P.V.

2011年の幕開け。

レオタードのプロモーション映像を制作してみました。

Webカタログになればと思い作ったため、全種全カラー掲載したので、少々長めではありますが、ご覧頂けたら幸いです。

今年はなんだか楽しいことが待ち受けているような気がしています!

バレエ衣装を制作するにあたり、芸術性、エンターテイメント性、ファッション性と、どういった方向性で作るか。

バレエ界において、エンターテイメント性、ファッション性へのアプローチには欠落しているように感じています。

私が表現したいものは言葉に出来ないまでも、明確になりつつあり、その第二段階に踏み入るのが今年。

目に見えたカタチにしていきたいと思っています。

 

 

 

 

A Happy New year !!

Cat:

年始.jpg

Hello, 2011 !!

良き新年をお迎えのことと存じます。

旧年中は格別のご厚情を賜り誠にありがとうございました。

本年度も変わらず、ご指導ご鞭撻の程、よろしくお願い申し上げます。

Loda Loma 松村知佳

 

1
ページの先頭へ